スポンサードリンク

シンテイル(신태일유튜브)

知ってるぅ?「シンテイル」。
 
 
 
本名は「イ・ゴンヒ」。1992年9月15日生まれ。2017年8月時点で現在25歳。韓国のキチガイ系YouTuberである。
 
視聴者から寄せられた数々の無謀なリクエストに挑戦するのが彼の動画スタイルである。彼の身を少しも案じていない視聴者から寄せられた数々の無茶苦茶なリクエストにも健気に応え、自慢の冒険心で乗り越えていく様が賞賛され固定ファンを獲得する。時には漂白剤を一気飲みして死にかけたり、車に足を轢かれて骨を折ったり、蛍光灯を食べたり、彼のチャレンジ精神はまさに底なしである。全く自分の身を案じていない。しかしそのおかげで最近の月収は150万を優に超えているとの事。
 
そんな彼の勇姿が日本のニュース番組でも取り上げられた事もある。
 
 
 
しかし全部が全部こういった類のチャレンジ動画という訳ではなく、穏やかな動画も多数ある。だが動画タイトルが全て韓国語でサムネイルからも動画の概要がわかりにくいため、おもしろい動画を発掘するのは敷居が高く骨が折れる点がマイナスポイントだ。
 
YouTuberを始めとした動画投稿者に求められている面白さは本来こういうものであると思う。私が何故ネットにこれ程までに惹きつけられるのか。それは表社会では到底見せる事のできない負の部分を包み隠さず赤裸々にコンテンツとして提供する人間が多く存在するからだ。ネットには「何をやっても許される」という暗黙の了解が存在し、それを元に皆好き勝手にありのままの自分を発露するのである。彼らが織りなすブック無し、ぶっつけ本番のリアルの中にこそ稀に心震わす真のエンテーテインメントが生まれるのである。
 
そしてそここそがテレビと差別化できている部分であり強みでもある。 最近やたらとテレビに出てくるエセ芸能人タイプのYouTuber。商品を紹介したり、クジ引き屋台に難癖をつけたり、それらに対し物申したり、有名所とコラボして視聴回数を稼いだり、こういった形で自分をブランディングし、あわよくば芸能界の仲間入りを狙って一山当てようと目論んでいる連中。奴等がやっている事はブックありきの内輪ネタで盛り上がってるテレビ番組のクソつまらない芸能人達と同じで心底つまらない。この様な輩が増加していけばネットもテレビも境界線がなくなり、おもしろくなくなっていく事だろう。
 
今彼の様な人間がネット界には必要とされているのだ。誰もやらない、お前が行くのだ「シンテイル」。ネットの未来はキミの手に掛かっている。
 
 
 
 
 
 
 
 
未分類
スポンサードリンク
whiterabbitをフォローする
White Rabbit Entertainment

コメント