スポンサードリンク

シバター

 
クズ。「シバター」 。
 
今やYouTuberとして名高い彼であるが元々は「peercast」というライブストリーミングサービスを利用しての配信を行っていた生放送主である。そのころの名前は現在の「シバター」ではなく「獣神さんだぁシバター」であり、視聴者の間では「しんしー」との愛称で呼ばれる事もあった。
 
「獣神さんだぁシバター」の時代は誰彼構わず放送中の配信者に絡んでいってはありとあらゆる罵詈雑言を浴びせかけるスタイルを持ちネタとして伸してきた背景がある。乱入された他の配信主達は弁が立ち、臨機応変に自身のキャラクターを変える事が可能な多重人格モンスターである彼の前にあたかも大規模な自然災害にあったかの如く、それが過ぎ去るまでの間ただただ神に祈りを捧げ耐え忍ぶ事しかできなかった。
 
彼の放送が大きく伸びるキッカケとなったのは彼と同じく「peercast」の配信者であった「太陽王やすひろ」と共にクズとニート2匹によるリアル版「トムとジェリー」の様なドタバタコメディを展開していたからである。彼等が織りなす人種のサラダボウル配信は当初から絶妙なハーモニーを奏で視聴者受けは抜群。配信主として名を上げていく。
 
時には生主の配信に乱入し「死ね」だのなんだの暴言を吐き散らかしたり、川で遊んでいる際に調子に乗って近くにあったレストランの柵をブッ壊したり、人を脅したり、それはまあメチャクチャな奴である。そんな事を繰り返してきた彼であるが年をとった事もあるのかいい加減この様な路線で配信を続けていては碌な人生を歩めないと察したのであろう、現在は「物申す系YouTuber」という枠の中に収まり、やりすぎない様に常識を弁えているかの様なフリをする事で社会に溶け込み上手く現世をしのいでいる。しかし彼の本質は今でも変わっていない。今回のお話はそんな現「シバター」が「獣神さんだぁシバター」であった頃の物語である。
 
2011年9月某日、この日も例によってとある鬱系生放送主「蔵廚」の放送にskypeを使って乱入する「獣神さんだぁシバター」。「お前なんかさっさと死ね」と持ち前の悪口キャラを遺憾無く発揮。しかし「蔵廚」の配信はその日を境に途切れる事となる。
 
ほぼ毎日配信を欠かさず行っていた「蔵廚」の突然の消失。彼のストレスになる事がある度に多量の薬を摂取するというその行動から「獣神さんだぁシバター」の中に「アイツ死んでんじゃない?」という疑念が湧き始める。そしてある日、お供の配信主「胤瞬」を引き連れ「あいつの死体見に行って動画のネタにしてやろうぜ。」と仕事終わりに車に乗り込み「蔵廚」のアパートへと繰り出すのである。
 
アパートに着きインターホンを押す。返事がない。2人は窓側へと周り彼がいるかどうかを確認する。中の様子は真っ暗でよく見えないが何か臭い。明らかに死臭の様な匂いがするのである。とりあえず警察を呼ぶ2人。到着後入り口の鍵を開錠し中へ入ると納豆レベルに発酵し膨れ上がった「蔵廚」の死体がベッドに横たわっていた。死因は多量の酒と薬の過剰摂取だったそうな。
 
時が経ち「蔵廚」の死を精神的に乗り越えた「獣神さんだぁシバター」はpearcastを引退しYouTubeへと移行する。ハンドルネームを「シバター」に変え、心機一転した彼は目標へ向けて邁進するのだ。今はもう当時の記憶が曖昧になっているのかこの事件ををネタにした動画を投稿するまでになっている。
 
そして2017年7月、彼の月収は600万に到達し、8月には貯金が4000万を超えた。誰からの意見をも聞き入れず、誰のどんなネタであろうがお構い無しに取り上げ、金になる方へと自分の方向性を変えていくYouTuber「シバター」。彼が優れているのは「金儲け」という一点に集中してその他には目もくれず追いかける事ができる点にある。それを達成するのに必要だと思えば余計なプライドやしがらみに囚われる事はなく、最短距離でスマートな行動を採っていける。誰がどうなろうがそんな事はどうでもいい、金儲けに繋がるのなら万事オッケー。ここまで目標達成のために徹底した行動を採る事のできる人間は中々いない。
 
「ポリシーがないのがポリシー、プライドが無いのがプライド」「金を積まれればチンポも舐める」そんな信念を持ち合わせ善も悪も一切合切関係なく今日も明日も金儲けに奔走する男シバター。無茶苦茶なヤロウではあるが非常に尊敬できる男でもある。
 
 
 
 
 
 
 
未分類
スポンサードリンク
whiterabbitをフォローする
White Rabbit Entertainment

コメント

  1. With a quality design program, designing these rooms is a snap.

    Its construction is made up regarding ionic damier canvas, red micro fiber lining and simple leather trimmings.
    Remember, these cases are designed to handle things. https://youtube.com/watch?v=aT3qOoAfHfI