スポンサードリンク

俺と「乙武洋匡」と「Z武洋国」

 

俺と「乙武洋匡」と「Z武洋国」。

 

スポンサードリンク

俺と五体不満足

 

完全に勉強嫌いであった俺は中学生になっても本の1冊すらまともに読んだためしがない。

 

そんな中、教師が宿題に読書感想文を出しやがった。

 

俺はシブシブ図書室へと赴き一番前面に置かれている本を手に取る。

 

それが「乙武洋匡」著作の「五体不満足」であった。俺はその本のあまりの面白さにのめり込み、これまでの活字嫌いが嘘であるかのように寝食忘れて一気読みした。

 

俺がそれまでの人生の中で唯一初めて「まともに読んだ」と胸を張れる本、それが「乙武洋匡」著作の「五体不満足」だったのである。

 

 

2ch掲示板とZ武

 

勉強嫌いの俺に「本を読む楽しさ」を教えてくれた乙武洋匡さん。

 

しかしそんな俺の思春期のヒーロー乙武さんがインターネットの世界でバカにされている事を知ったのは五体不満足を初めて読んだ時と同じく中学生の時であった。

 

それはかの悪徳ネット社会の権化である2ch掲示板にて繰り広げられていた。

 

この掲示板に蔓延るヤツラは乙武さんを模したオリジナルキャラクター「Z武洋国」(ズィーブひろくに)を誕生させ、そのキャラでAA(アスキーアート)と呼ばれるフザケた絵文字を作ったり、コラ画像を作成したり乙武さんをネタとして好き勝手にオモチャにしていつまでも遊んでいた。

 

 

 

アンサイクロペディアによればZ武とは以下の様なキャラクターらしい。

 

 

Z武洋国((正)ずぃーぶようくに/ようこく, (誤)ぜっとたけようこく/ようくに)とはどこかの電子掲示板で作られたキャラ。『五体不満足』に影響を受け自ら手足を切ったという。さらに、ネットの嘲笑を求めるこのキャラは現在は5人の女との不倫騒動で有名になっている。

「Z武 洋国(ズィーブ ようくに)」なる人物は、乙武洋匡氏とは無関係であり、彼の書いた著書「五体不満足」に感化され、自ら肢体を切断したという設定の架空人物である。彼はしばしば乙武氏と混同され、乙武氏自身のホームページでも取り上げられたこともある。もちろん乙武氏も自身と混同して扱っていた。苗字については様々な意見が取り交わされていたが、8月22日のTwitter上において乙武氏が、「「匿名だからこそのネタ」のほうが多い気もしますが・。乙武さんに関する書き込みは特に・・。」というツィートに対し、「でも、ほとんどが「Z武(ズィーブ)」という架空のキャラを嘲笑する“ネタ”ですからね!」とリプライ(返信)したことにより、ズィーブの読みが正しいものと考えられている。まれにガンタンクと混同する人がいるがガンタンクとは特に関係ない。

 

アンサイクロペディア「Z武洋国」の記事より引用

 

※ちなみにこのZ武の存在は本物の乙武洋匡も認知しており本人公認の公式キャラクターとなっている。

 

Z武ネタを初めて見た時の俺は「何て陰湿なヤツラなんだ」とこんな障碍を抱えながらも頑張っている人間をネタにして笑い者にする日本ネット社会の陰湿さを垣間見た事による不快感と憤りの感情とが入り交じり何とも言えない不愉快な気持ちでイッパイになっていたと思う。

 

だがしかし時の流れとは無情なモノである。清廉潔白であった思春期のマイヒーロー、乙武さんも現在ではあまり芳しいとは言えないスキャンダルがいくつもあがり、あの頃俺の頭の中で構築されていた清廉潔白なイメージは脆くも崩れ去っていった。

 

だがしかし様々なスキャンダルが赤裸々になり世間からバッシングを浴びているにも関わらず乙武さんは止まらない。

 

「Z武」という悪意の塊の様なネタを己の中へと取り込み、それどころかそのネタをを活かして今現在もメディアに出て絶賛活躍よろしくやっている。

 

一般的な人間よりも遥かにディスアドバンテージを抱えながら生きる乙武洋匡、手や足がなくともその鋼のメンタルを支えにしてこれからも頑張ってもらいたい。

 

未分類
スポンサードリンク
whiterabbitをフォローする
White Rabbit Entertainment

コメント